全国86店舗展開中!安心と信頼の上場企業
日本流通自主管理協会(AACD)の会員企業です

AACD 日本流通自主管理協会 会員番号 R-0046

JPX 東証上場

全国の店舗情報

ようこそ、ゲスト 様
ご購入金額5,000円(税込)以上で送料無料!!




人にも社会にも地球にも優しい選択
身に着ける毎日が輝き
続いていく未来への約束
「エシカルダイヤモンド」



Ethical

Ethical
弱者からの搾取を必要としない、
関わる人すべてに優しいダイヤモンドを。


1990年代後半、1980年代から内戦が多く起こっていたアフリカで、ダイヤモンドの不正取引が紛争の資金源になっていることが明らかになりました。
途上国等で採掘されたダイヤモンドは紛争資金として流通している可能性を否定できません。
紛争ダイヤモンドの流通を阻止するため、2003年に不正取引されたダイヤモンド原石の輸出入を規制する国際的な証明制度である「キンバリー・プロセス証明制度」が導入されました。
しかしながら、キンバリープロセス証明制度の定義が「紛争ダイヤモンドの流通阻止」であり、児童労働や環境問題には配慮されていません。
天然ダイヤには、原石を採掘するための児童労働という解決しなければならない問題があります。
地中深く掘り進めるため、体が小さく狭い場所に入れる子供たちは、転落や崩落と隣り合わせの危険な環境での労働を強いられています。
また労働を強制されることで学校での学びの機会も奪われてしましまいます。
ラボグロウンダイヤモンド(LGD)はラボ=研究所で作られているため、紛争に関わることのない・児童労働をさせない、倫理的にクリーンなダイヤモンドあることが保証されるのです。



Sustainable

Sustainable
エコだけがサスティナブルじゃない。
大切に使い続けるというサスティナブル。


天然ダイヤモンドは、約30億年前に地球深部のマントルで結晶化したといわれています。
ダイヤモンドの採掘は、露天掘りや地下採鉱といったさまざまな方法で行われますが、天然ダイヤモンド1カラットのために平均100tの土壌掘削が必要です。それは地形を変えるほどのインパクトで周りの生態系を完全に変容させてしまいます。
また、その時に二酸化炭素が発生し、地球温暖化を促進させる原因となっています。
ラボグロウンダイヤモンド(LGD)は土壌掘削を必要とせず、環境を破壊しません。

『つくる責任 使う責任』
持続可能な社会のための指針、SDGs17の目標に『つくる責任・使う責任』があります。
お気に入りを大切に、ずっと使い続ける、それだけで世界が少しだけ良くなる。それはちょっと素敵なアイディア。
選んでいただいた「お気に入り」は長く大切に使っていただきたいから、ハピネスでは飽きのこないシンプルなデザインを採用。さらに『1年間無料保証』を実施しています。
長く大切に使っていただくことで、環境にも優しい行動に。
あなたの特別にピュアでクリーンなダイヤモンド、 ラボグロウンダイヤモンド(LGD)をお勧めします。



Pure

Pure
自然界には2%しか存在しない、
より純粋な結晶、ダイヤモンド。


天然のダイヤモンドは地中深くで生成されるのに対し、ラボグロウンダイヤモンド(LGD)はラボ=研究所で生成されます。
ラボグロウンダイヤモンド(LGD)の生成方法としては、天然ダイヤモンドの生成環境を再現する、地下のマントルと同じような高温高圧の環境を人工的に再現するHPHT(高温高圧法)と、大粒でクリアな輝きのダイヤを作るのに適し、高温低圧の環境で、メタンガスなどの炭素を豊富に含む気体を利用して合成させるCVD(化学蒸着法)があります。
ラボグロウンダイヤモンド(LGD)は、天然ダイヤモンドと同じ環境を再現して作られるため、模造石・類似石とは異なり、完全に同じ物理的、化学的、光学的特性を示します。
唯一の違いは、出来上がるまでに要する時間です。
天然のダイヤモンドは、自然の中で長い年月をかけて成長する過程で不純物を取り込むことが避けられません。 天然ダイヤモンドの98〜99%は、窒素を含む「タイプI」に分類されます。
それに対して完全に管理された環境で生み出されるラボグロウンダイヤモンド(LGD)は、この不純物を限りなく少なく抑えることができます。そのため自然界では2%以下しか存在しない炭素(C)のみの純粋な結晶となります。わずか1〜2%の不純元素をほとんど含まない「タイプII」に分類されおり、その美しさは、際立った透明感、輝きを持つとされています。
これは、ラボグロウンダイヤモンドが完全にコントロールされた環境下で生成されるため、 不純物を含まない状態で結晶化させることが可能だからです。










FairPrice

FairPrice
美しいダイヤモンドを、
適正価格で。


天然ダイヤモンドに比べて、リーズナブルに手に入るのもラボグロウンダイヤモンド(LGD)の魅力です。
天然ダイヤモンドは有限の資源から採掘している希少であるがゆえ、高い値段で取引されます。
しかし、ラボ=研究所で人の手によって作られるラボグロウンダイヤモンド(LGD)は安定供給が可能となります。また、配合する成分を完全に調整できるため、さまざまな色のダイヤモンドを生成することも可能です。
天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンド(LGD)を4Cを基準に比較すると、同価格では、ラボグロウンダイヤモンド(LGD)がクラリティ(透明度・傷気)・カラーともに、より良質なものをお選びいただくことができます。
その特性を活かしたジュエリーとして、メレダイヤモンドを使用したデザインがおすすめです。
透明度の高いラボグロウンダイヤモンド(LGD)は輝きが強く、その存在感で一回り大きく感じます。



キーワード
当店販売価格
円〜
表示件数